納骨堂と永代供養

一番の違いは、永代供養墓は一度お金を払えばその先ずっと置いてくれますが、納骨堂は更新料を払わなければならないところです。とはいっても、多くの場合33回忌を過ぎると永代供養墓に移されることも多いようです。
じゃあ永代供養墓の方がよいのではと思われるかもしれませんが、永代供養墓に比べると納骨堂は省スペースで遺族が参拝しやすいという利点があります。また、納骨堂の多くは宗派を問わないというところが多くあります。

どちらにせよ、選ぶとき大切なのはその施設がきっちり管理されているかどうかです。人によっては自分だけでなく先祖代々の供養に関わることですから、慎重に選びましょう。

納骨堂の種類

納骨堂も骨の収め方に種類があります。
業務形態によっても変わってきますが、一番多いのはロッカー形式と呼ばれるものです。これはその名の通り、私たちの知っているロッカーと同じような仕切りの中に納骨します。
ロッカーの位置によっても値段が変わってくるようです。
次に、お寺などが経営する納骨堂に多いのが「仏壇式」です。納骨するスペースが仏壇と同じような作りになっており、焼香や花入れなどの用具も設置されています。
他にも「棚式」というシンプルなものや、直接お参りする事ができる「屋内墓地」と呼ばれるものがあります。

また、最近では納骨堂もハイテク化が進んでいるようで、コンピューター制御で管理されているものや、立体駐車場のように指定したお骨が参拝者のところまで運ばれてくるというシステムのところもあるようです。
永代供養と同じく生前に購入するももちろん可能なので、お墓にこだわらない方はこちらも検討してみてはいかがでしょう。

納骨堂とは

納骨堂は永代供養墓と違い、基本的には「骨を一時的に安置しておく場所」です。しかし、通常のお墓を選ばない方も増えたため、更新すればそのまま骨を置いておけるところや、期間を過ぎれば自動的に永代供養墓に移してくれるところも増えてきています。

納骨堂の特徴はまず、埋葬をしないというところにあるでしょう。墓石が要らないのでリーズナブルで、「お墓を建てたくない」という方のニーズに答えています。
お墓がない分室内の中に仕切りを作りそこに骨を収めているので非常に省スペースなつくりになっており、通常の墓地のような郊外でなく、比較的交通の便のいい場所にあるのが利点です。
とはいえ、お墓のような建物のスタイルではないので、お花を手向ける、お線香を炊くなどができないところもあるようです。

永代供養墓の種類

永代供養墓は大きく3つの種類があります。

1つ目は、通常の墓と同じく個別に墓があるタイプ。夫婦一緒に入ることもでき、見た目は通常のお墓と同じです。
他の永代供養墓との違いは個人墓であるため墓石代がかかってくることです。また、30年50年など期間が設けられており、期間を過ぎると共同のお墓に移される場合が多いようです。
2つ目は、共同墓タイプ。永代供養墓はこのタイプが一番多いと言われています。要するに血縁に関係なく、永代供養をしているお寺等と契約した方々が同じお墓に入るスタイルです。
お墓の作りとしては、大きな墓石や記念碑がまずあって、その地下に納骨堂が作られている場合、墓石や碑以外にも塔を模したものの中に納骨塔が作られている場合があり、そこに故人が埋葬されます。
こうしたお墓は仮に故人に血縁者がいなくても、お参りが絶えないというメリットがあります。
3つ目は、集合墓と呼ばれるものです。これは個別墓と共同墓の間のようなスタイルで、小さいな石碑や石塔を一箇所に集めたお墓です。

また、永代供養墓の経営形態も民間のもの、公営のもの、お寺の墓地などあるので、しっかり調べて自分に合ったものを選択しましょう。

おすすめリンク

安心と安全のサービスが話題を呼んでいる京都の永代供養はこちらで受付してもらえます。お墓を買おうかどうか迷っている時にも便利ですよ。

アーカイブ
カテゴリー